大学の卒論に使用するため、参考文献の一部をコピーした。

大学の卒論に使用する場合は、「引用」に該当すれば著作権者の許諾は必要ありません(第32条第1項)。ただし引用になるかどうかは、別途確認が必要です。