• お問い合わせ
  • サイトマップ

著作権法における罰則

著作権の侵害は「犯罪行為」にあたり、権利者が「告訴」を行うことを前提とした罰則規定があります

著作者に無断でコピー・販売したり、インターネットで送信した場合などは、「著作者の権利」や「著作隣接権」の侵害となります(著作権法第119条以下)。
ただし、許諾なく使える場合には、無断で利用しても著作権侵害にはなりません。
(参照:複製権とは>著作権法で定められた例外

(1)法人に対する罰則例

  • 最高3億円以下の罰金。

(2)個人に対する罰則例

  • 最高10年以下の懲役又は、1,000万円以下の罰金、またはこれを併科。
  • 私的利用であっても違法サイトであることを知りながらダウンロードしデジタル録音・録画を行った場合は、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金または併科。(平成24年度法改正)

詳しい内容は、文化庁HPでご確認ください。

  • HOME
  • JRRCについて
  • 複写(複製)権ガイド
    • 複製権とは
    • 著作権法における罰則
    • ケーススタディ
  • 契約について
  • 個別受託について
  • 契約についてのよくあるご質問
  • 管理著作物検索
  • 管理著作物検索
  • 新規契約書の作成 新規お客様の契約書、単年度契約更新の契約書を作成
  • ご契約者様専用
  • 理事長ご挨拶
  • リンク
  • JRRCマガジン登録募集
  • アクセスマップ
  • 横浜国大

ページTOPへ